コートダジュールに暮らして。人生観は変わるのだろうか

地中海の食卓 国際結婚 繊細な日本と呑気なフランス 

今宵の一皿は星四つにします

昨夜は決起大会と称し(壮大なプロジェクトへの小さな小さな第一歩を踏み出したため)シャンパン・ロゼをあけ、主人が牡蠣と前菜を仕度し素敵なアペリティフになりました。

お互いに料理好きで、休日はどちらが料理を仕切るか取り合いです。さらにお互い根拠のない、また懲りない自信家で

『どうですかい、美味しくてびっくりしたことでしょうね❓』

『参りました。最高に美味しゅうございます。』

と言わせたく、励みます。

揃って負けず嫌いでありながらサービス精神旺盛なそっくりな性格なのですが、美味しい、まずい、は食卓幸せ向上のため正直冷静に星1から5までジャッジメントも下されます。

 

私は星3以下は出したことありませんが、ま 星2とか1とか言われた日には逆ギレで乱闘でしょうね。星3でも、ややギレで口数減ります。w

 

昨夜の主人へは星4でした。ブルーチーズが強すぎてマスカットが美味しくなくシャンパンに合わなかったためでした。つべこべ言わず美味しくいただくのも最高ですが敢えてあーだこーだ言うのが楽しくて5、6時間すぐに経ってしまいます。どれだけ体力あるのw。

 

f:id:bonvin:20171129010027j:plain

 

f:id:bonvin:20171129010214j:plain

 

f:id:bonvin:20171129010059j:plain

 

乾杯♬

ヴィレッジピープルのYMCA

最近よく雲の上まで珈琲を持ってハイキングしています、雲も山も海も光も眺められ自然の美しさに感動します。

夕暮れ時の景色はセンチメンタルで寂しげで困ってしまいますね、主人は断然夕陽が好みですが私は断然朝陽の方が好きなのです。こう夕陽を眺めていると切ない気分になってしまうのです、、。 

もぅ早く家に帰ってワインでチーズ食べたいなぁ(´-`)

 

f:id:bonvin:20171125230033j:plain

 

f:id:bonvin:20171125231553j:plain

 

昨夜はいつもの魚屋さんで珍しい平らな丸い牡蠣をお勧めしてもらいレモンで、それをアルザス地方の白ワインと。

この牡蠣は普通の牡蠣より味が濃く歯ごたえが良いです。10cmくらいで、貝に近いです。ま、貝ですよね。w 

 

そして夕方からずっと欲していたチーズをワインと深夜までひたすらに飲み食べました。主人に指摘されたのですが私はほぼ毎回酔うと、食い入るように見ている動画がありまして、。

【YMCA  village people】

西城秀樹ではなく元々のアメリカのヴィレッジピープル5人グループのYMCAが見たくなるのですが昨夜も実際それを見たくなり、うずうずし始め、

『 Oh nooon やめてってばぁ』(主人は私の日本語を聞いて覚えるため女らしいのです)

と散々聞き飽きて嫌がる主人を押し切りチーズを頬張りながら見ました。どういうわけか何度見ても楽しいのです。w 

 

f:id:bonvin:20171125232639j:plain

 

f:id:bonvin:20171125232157j:plain

 

f:id:bonvin:20171125235740j:plain

 

f:id:bonvin:20171125235810j:plain

 

f:id:bonvin:20171125235701j:plain

 

 

聖飢魔IIメイク

いろいろ重なる時はなぜこうも一度に重なるのでしょうか。w

今月と来月はいつになく出来事が立て込んでいて頭はフルスロットルです。

先月来ていた友人がまたすぐ来月来るためその仕事準備でてんやわんやの中、私たちも日本帰国予定があり日本での調整、今週はプロ養成メイクアーティスト校の顔モデルを、明日は最終日です。仏語と英語や男性女性中性wいろいろが交う国際的な養成校です。

 

f:id:bonvin:20171109174720j:plain

 

f:id:bonvin:20171109174804j:plain

 

欧米人にとって状態が違うアジア人のメイクはかなり難しいようで、特にアイメイク、目元と眉毛ですが、試行錯誤のためすごく時間がかかっています。欧米人は可憐なメイクは好みではなく、ナチュラル且ついかにセクシーに寄せるかがポイントでやるので、実にそれは私好みでして鏡越しにとても勉強になっています。

1度、強気に濃いめに出来上がりましたがほぼデーモン小暮でした。

難しいようです。w

講師陣からNGが出され再スタートです。

最終的にはアイメイクは濃淡グレーでまとまり、ファンデーションも濃淡をつけ、確かにセクシーに仕上がり写真撮影をし、そのメイクのまま帰路につきました。主人の第一声はやはり『おお、セクシーね』でした。

自分の顔は常に見えていないのでわかりませんが、話していても食べていても、私を見る周りの目が違い、雰囲気が変わって良いということでした。アイメイクひとつ、なのにですね。