コートダジュールに暮らして。人生観は変わるのだろうか

地中海の食卓 国際結婚 繊細な日本と呑気なフランス 

35歳のマルゴー MARGAUX 1982

昨日は夕方から友人夫婦宅で食事会でした。友人のご主人様が奥様の誕生日に奥様の生まれ年と同じ年の製造のワインをプレゼントなさり、その貴重な35年のマルゴーを開ける会でした。

 

モダンアートの建築(中はオフィスw)とアパート テラスからは素敵な景色でうっとりしてしまいます。ベビーピンクやベビーイエローの外壁にペパーミントの窓の木枠や鉄柵、博物館でも王妃や貴族のドレスにこういう薄い色を多く見ますがとっても綺麗ですね。  

 

 

f:id:bonvin:20170925163117j:plain

 

男女平等の国ですが食事中は大概女性は座りっぱなしで男性がお給仕をします。今回もお料理はご主人様が生地から作ったピザがメインでワインを注ぐのも、お料理を勧めてキッチンとテーブルとを立ち回るのも最後まで男性です。

˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚ありがたいです。w 

ありがたい上に何故かそこではとても男性が男らしく素敵に見えます。シェフのようなので。

 

f:id:bonvin:20170925163201j:plain

 

f:id:bonvin:20170925163239j:plain

 

35年となるとコルクが劣化していてワインオープナーは使えないのでそれ専用のコルクを挟む道具でゆっくり回しながら栓を抜きます。木製のこの道具も上品ですね。

テイストは35年間静かに寝かされていたという落ち着きと渋みに加えて、それでも優しい華やかさが全面にあり若いワインにはまずないウイスキーのような香りもありました。コルクのカビ臭は全くありませんでした。

 ワインは長く寝かせれば良いというものではなくやはりそれぞれのボトルに飲み頃があり、製造年の葡萄やその後の発酵状況にもよるのである程度しか目処は立たないということですがこのマルゴーはもうそろそろ潮時かなという感じもあり、それ以上保存しても旨味や香りはなくなる一方だろうねと話していました。

 

 だんだん日が暮れていきライトが点灯しとてもロマンティクに。とても貴重な経験をさせていただいた夜でした。

 

f:id:bonvin:20170925163314j:plain