コートダジュールに暮らして。人生観は変わるのだろうか

地中海の食卓 国際結婚 繊細な日本と呑気なフランス 

日本食への尊敬

日本の懐石と同様、でフランスも前菜から一皿づつ出されます。

食べるものは違えど食の作法がなぜか両国似ていて、食の席では行儀よく所作することを美しいとし、盛り付けの美意識も高いですよね(^‿^)

 

 チーズは一般的に前菜やメインを食べ終えた後に出されます、順番ではデザートの前です。好きなチーズを好きなだけ切りとって食べます。食べなくても良いです。

 

日本での主流はプロセスチーズといい、加熱されるため乳酸菌は生きていませんが、フランスのチーズはナチュラルチーズといい加熱されないため乳酸菌が生きています。

 

f:id:bonvin:20171011164746j:plain

 

f:id:bonvin:20171011171052j:plain

 

乳酸菌 酵母菌 大量摂取中。

 

先日スーパーで、安ーいチーズを手に取ろうとした瞬間

『それは大量生産商品で添加物入ってるから買わないほうがいいよね』

と横から紳士なおじさまが教えてくださり、その後かれこれ30分添加物問題について世間話しをしましたが『日本は新鮮な魚や米の文化が素晴らしいよ 世界で見ても日本とイタリアとフランスの食文化はいいねえ』と。

『同感でございます!! もっと言って』

 

新鮮な魚介と野菜と発酵食品。これが最高じゃないでしょうか。両国、実に食文化に歴史があり素晴らしいです! おじさまだけでなく本当によく、日本の食文化については賞賛をうけます。