コートダジュールに暮らして。人生観は変わるのだろうか

地中海の食卓 国際結婚 繊細な日本と呑気なフランス 

ニースの剣道部

こちらで防具や剣道着を用意するのはとても高いので、誰でもすぐに始められるスポーツでは無いのですが、だからこそやっている方々は真摯にとても熱心にやっていらっしゃいます。

 

ニース剣道部の主将は7段で彼の奥様も6段の腕前、日本へも何度か行かれています。主人が部員なので私も時間があるときは練習を見に行ったりしています。定期的に近くのモナコやカンヌ周辺の剣道部とも合同練習をして切磋琢磨しています。

 

この度、大手新聞社が剣道部を取材したものが配信されたのですが、それがこちらです。(誰でも見られます。FBパスワード記入の画面が出ますが一番下の小さな青い文字 Plus tard を選択してください、その後再生マークを押すと始まります。)

 

 

www.facebook.com

 

この日の主将は6段の鈴木さんでしたが、彼は日本人の親を持つフランス生まれ育ちのフランス人です。日本語は少しわかります。

主人も映っています、映像中の群を抜いてひと際ダンディーなのが主人です。

w

 

今年の春に日本へ戻った際に主人たっての希望で、日本の練習風景を見たいとのことで練習を公開なさっている道場へお邪魔させていただきました。30名ほどが真剣に練習なさっていて、また、休憩時間には何人かの方々が声をかけてくださりして色々お話ができとても良い経験となっています。

隅っこにいる私たちの前を通り過ぎる際に多くの方が軽く会釈やお辞儀をしてくださりながら通ることに

『この人を敬う礼儀のある国民性ほど、唯一無二で素晴らしいものはない』

と感動で目を赤くしていました。

 

私まで感動して二人正座しながら目が真っ赤なのでした。